エミレーツ航空が一番
エミレーツ航空が一番

エミレーツ航空ニュース

エミレーツ航空が航空機を大量受注

エミレーツ航空が航空機を約90機と大量発注しました。これは、ドバイで開催されている航空ショー初日の11月11日に発表されたものです。内訳は、エアバスが約80機で、残りがボーイングとなっています。総額は、2兆円をはるかに超える額です。また、エアバスの機体には11機のA380が含まれているようです。

ドバイ航空ショーの会期中に、さらに発注は増え、最終的にはエミレーツ航空は、130機を発注し、総額で3兆円を超えるのではないかと予想されています。

エミレーツ航空が発注したA380は、総2階建ての新型機で、2007年10月からシンガポール―シドニー間でシンガポール航空が定期運航を開始しています。製造時のトラブルで生産が遅れていたしたが、定期運行では、これまで大きなトラブルは発生しておらず、安全性が確認されたと判断したエミレーツ航空が追加発注を決めたわけです。エミレーツ航空は、これで計58機のA380を発注し、保有機数は世界最多となります。

今回のエミレーツ航空の発注で、A380に乗れる日もさらに近づいた様な気がしますね。




エミレーツ航空ニュース

エミレーツ航空がサンパウロで大規模なロードショー

エミレーツ航空(EK)は、10月1日からのドバイ/サンパウロ線就航を前に、サンパウロで主要企業、航空・観光業界、旅行会社関係者の計2000名以上を対象にした大型説明会「エミレーツ・ロードショー」を開催しました。説明会当日には、エミレーツ航空のコマーシャル・オペレーション・アメリカ地域担当上級副社長のナイジェル・ページ氏が率いる代表団が出席して、サービスやプロダクトを紹介しました。ページ氏は「当社初の南アメリカ乗り入れと言う歴史的な事業で、感激もひとしお。ブラジルと観光の促進に貢献できるものと期待している」と述べました。エミレーツ航空は、今後は、リオデジャネイロでのロードショーを開催する予定です。

さすがは、エミレーツ航空。やることが豪華ですね。


トラベルビジョンから引用




エミレーツ航空ニュース

エミレーツ航空、名古屋線の乗客増加のため視察団を派遣

エミレーツ航空(EK)は、7月29日から8月2日の間、ドバイ/名古屋線の旅客需要増強を目的として、イギリス、ドイツ、パキスタン、南アフリカ、ブラジル、UAE支店から商品開発に向けた視察グループを名古屋を初めとして派遣しました。現在、エミレーツ航空の名古屋線の搭乗率は、平均70%という高い水準を維持しており、今回の視察による取り組みにより、更なる需要増加を期待しているといいます。

観光面では、名古屋城のほか、熱田神宮や大須観音、商業エリアの栄地区を視察したほか、ビジネス面ではトヨタ工場の訪問のほか、中部経済団体連合会と会合しました。また、名古屋から乗継ぎができる北海道にも足を伸ばし、札幌市や美瑛の丘、旭山動物園を訪問しました。

エミレーツ航空を利用して、今後は、中東から北海道にスキーツアーに来たりすることもあるかもしれませんね。


トラベルビジョンから引用

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。